2013年10月19日土曜日

ローマは1日にしてならず

ローマは1日にしてならず。老婆肌からの脱却も1日にしてならずです。お手入れ忘れずに。さて、寒い日が続きますが体冷えてませんか?体が冷えるといろいろな害をもたらします。その主な理由は…。

1、血管が収縮し「血圧上昇」が起こり、循環器の異常、特に脳卒中を起こしやすくなります。これはまた、心筋梗塞や狭心症にもつながります。冷えにより血液がドロドロになり、固まって血栓が形成されやすくなるからです。冬にはこの様な血管や心臓のトラブルが多くなります。

2、体のあちらこちらに血液の流れが悪い状態が起こります。これは血管が縮小して流れが悪くなるからです。そのため肩や背中のこりなどがひどくなります。それだけにとどまらず、内臓の働きも悪くなり腎臓や肝臓にも障害をもたらします。

3、手足や腰などに冷えが起こります。これは体の先端の細い血管に十分血流が行き届かなくなるいためです。これに自立神経の乱れが加わると「冷え症」と呼ばれる状態になります。

4、そして「抵抗力」が低下し、細菌の感染を受けやすくなります。特に冬の乾燥も手伝って、風邪をひいたりインフルエンザにかかったり、肺炎、気管支炎などを起こしたりします。

0 件のコメント:

コメントを投稿